単なる移動手段だった自転車もここ数年のブームを経て、スポーツはもちろん、レジャー、健康やエコの観点からも、自転車はもはやブームの域を超えて、文化として定着してきたといっても過言ではなくなってきました。自転車のタイプも競技も一般化してきたロードバイクやマウンテンバイク、街乗りをオシャレに、ラクにするクロスバイク、ファッション性も機能性も高いミニベロなど、用途や好みに合わせて選べる時代。
経験豊富なだけでなく全員どうしようもない自転車バカのスタッフが、あなたとたのしい自転車生活へつなげるお手伝いします。

自転車のタイプを知る

  • ROAD BIKES ロードバイク

    より速く、より軽く。シェイプアップからレースまで

    通常の自転車よりもずっと細いタイヤにドロップハンドルと、しっかりとしたギアがついても車体は軽い。ロードレースで使用されるバイクだけに、いつかはロードバイクと思っている方も多いのでは。最近では街乗りにロードバイクを使用される方も増えてきました。キチンとした乗り方ができればシェイプアップにも効果的。無駄が一切ない自転車の理想型、一度体験してみては。

    SHOW ALL ROAD BIKES

  • MOUNTAIN BIKES マウンテンバイク

    山や悪路、自然の中はおまかせ

    しっかりとしたボディに、衝撃を吸収してくれるサスペンション、タフなギアシステム。悪路を走るために考えだされたマウンテンバイクはその名の通り山や自然の中で自転車を乗るのにピッタリ。平坦な道や上りだけでなく、山道を駆け下りるダウンヒルなどのタイプも。
    タイヤを替えれば街乗りでも大丈夫!

    SHOW ALL MOUNTAIN BIKES

  • CROSS BIKES クロスバイク

    気軽に素早く街乗りで。スポーツ性と実用性を兼ね備えたバイク

    軽めのフレームと細いタイヤでありながら、初心者や街乗りでも乗りやすいストレートハンドルを採用したスポーツ性と実用性を兼ねたクロスバイク。エントリーモデルとして、初心者の方に選ばれることも多いです。ファーストバイクにいかが?

    SHOW ALL CROSS BIKES

  • MINI VELO BIKES ミニベロ

    デザインだけじゃない! しっかり走れる小径車

    通常のバイクよりも小さい径のタイヤを採用した小径車がミニベロ。見た目のかわいさも相まって、ここ数年女性を中心に人気が高いタイプですが、けっして見た目だけじゃない! しっかりとした足回りのものはレースにも使えるほど。小さくて場所を取らない収納や小回りがきくだけが人気の理由じゃありません。

    SHOW ALL MINI VELO BIKES

自転車に乗ると足が太くなるから…なんて思っていませんか。その考えはもう古い!
ロードレースの一流選手はみんなスタイルが良くて細い足をしています。
もし自転車で足が太くなるなら、毎日自転車に乗っている彼らの足は丸太のようになっているはず。
秘密は自転車の乗り方にあります。

  • BINDINGS ビンディング

    ペダルをしっかり“回す”ための必需品

    自転車に乗ると足が太くなるから…なんて思っていませんか。その考えはちょっと古い、というか間違いです。自転車専用シューズをつかえば、ペダルとシューズを固定することができ、踏み込んだ足と逆の足も使えるため効率よく走れるだけでなく、ふだんの生活ではあまり使うことのない、太ももの裏の筋肉や内臓の内側の筋肉なども太ももの筋肉(大腿四頭筋)とまんべんなく使うので、美脚効果やシェイプアップにも効果的。始めのうちはペダルに足が固定されていると怖さを感じることもあるかもしれませんが、少しの練習で自由に取り外しできるようになります。

  • CHOOSE A BEST SADOL サドルを選ぼう

    気になるおしりの痛みを軽減

    長時間自転車に乗っていると、気になってしまうお尻の痛み。クッションのかたさやカタチ、くぼみのあるなしなどサドルは沢山の種類が出ています。また、角度や位置の調整や、座り方、自転車の乗り方を変えると、痛みが大幅に改善されることも。お気軽にスタッフにご相談ください。
    ご自分にピッタリのサドルが見つかれば、長時間のライドでも安心です。

  • BE FASHONABLE & COMFORTABLE ウェアを選ぼう

    オシャレに快適に。自転車専用ウェア

    インナー/トップス
    常に風を受けて走る自転車では気づきにくいですが、実は思っている以上に汗をかいています。止まった時に汗をかいて濡れたまままた走りだすと、カラダが冷えてしまいます。そのため吸汗速乾素材のジャージやインナーがオススメです。またスポーツタイプの自転車は前傾姿勢で乗るため、後ろ前が同じ丈の服では背中が出てしまうことも。自転車用のウェアは後ろの丈が長めに作られているので女性の方も安心です。

    ボトムウェア
    オシャレに快適に。自転車をもっと楽しむためにはウェア選びも重要です。自転車専用のパッド付きパンツなら、長時間ライドでもお尻の痛みも軽減されますし、ピッタリした着心地なので、ペダリングもしやすいのでオススメです。軽いサイクリング程度ならふつうの服装でも問題ありませんが、ロードバイクやマウンテンバイクなど、ギアがむき出しになっているタイプの自転車では、丈の長いパンツはギアやチェーンに引っかからないように注意が必要。反射素材を使用したアンクルベルトを使用して、安全に楽しみましょう

自転車にはクルマのように運転免許証がないため、自由に乗ってもいいと勘違いされている方もいらっしゃいますが、 自転車は道路交通法では軽車両となり、クルマと同じ分類。原則的に歩道の通行は禁止です。車道の左側を走るようにしましょう。 また、携帯電話をいじりながらの走行やヘッドフォンで両耳を塞ぎながらの走行も違反行為。 常に周囲の安全に気を配りながら、サイクリングをたのしみましょう。